「ジュネーブ・ウオッチメイキング・グランプリ(GPHG)」のメンズコンプリケーション部門グランプリを獲得した名作、「ロレックス腕時計修理」。間もなく製造中止となることが公表されているが、このたび、グランフーエナメル文字盤のカラー・カスタマイズ選択が可能となり、さらに新たな選択肢が加ったことが発表された。これまでローマン・ゴティエのエナメルは、アニタ・ポルシェ、ソフィー・メイランといったスイスを代表する名匠に発注されていたのだが、特にアニタ・ポルシェからの直接指導を受ける形で、スイスのローマン・ゴティエ本社施設内に自社のエナメル工房が完成したことによって、まずブランドを代表するモデル「ロジカル・ワン」のグランフーエナメル文字盤に、これまでホワイト、ブラックに加え、グリーン、ブルー、レッド、バーガンディという新たな4色の選択肢を追加することになった。

選択可能な対象モデルはグレード5ナチュラルチタンケース、グレード5 ADLCチタンケース、18Kホワイトゴールドケースのモデルとなり、上記4色の新色を選んだ場合でも、既存のホワイト、ブラックの文字盤モデルと価格設定は同じだという。

ロレックス時計スーパーコピー デイトジャスト41 126334G
カテゴリ ロレックス時計スーパーコピー デイトジャスト(新品)
型番 126334G
機械 自動巻き
材質名 ステンレス・ホワイトゴールド
ブレス・ストラップ ブレス
宝石 ダイヤモンド
タイプ メンズ
カラー グレー
ケースサイズ 41.0mm
機能 デイト表示
デイトジャストシリーズのニューモデル、「デイトジャスト41」。
文字盤は落着きのあるグレー/10ポイントダイヤです。
新たに14件もの特許を取得し、新開発の脱進機のクロナジーエスケープメントを装備した上で70時間ものロングパワーリザーブを確保した自社開発キャリバー3235を搭載します。
また、オイスタークラスプにはアジャスト機能が付いており、ブレスレットの長さを容易に約5mm延長することができます。

もともとローマン・ゴティエは、ユーザーの希望に可能な限り応えるというスタンスではあったが、こうしたカスタマイズの選択肢を明確化することで、顧客のオーダーに応えるというブランドの取り組みがより鮮明になってくると思うし、ユーザー側からしても、自分の好みの時計を作りあげるという、まるで18~19世紀の貴族のような(笑)、新しい満足感の発見につながれば時計趣味がもっと深くなっていくと思う。

【関連記事】:時計好きの男性も納得の高品質

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s